考え方 PR

心配することの92%は起こらない

心配事
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

天気が良かったですね。太陽が輝いていて、気持ちが良いです。ただし、気温は西高東低の気圧配置の影響で低めです。

 

 

話は変わりますが、些細なことでも心配になることはありませんか?

例えば、小さなミスが別の問題を引き起こし、その処理に時間がかかるのではないかという心配です。

しかし、実際にはそのような問題が発生せず、心配していたことを忘れてしまうことがあります。

 

 

不安や心配は睡眠に影響を与え、調子が悪くなることもありますが、実際には心配する必要のないことが多いですね。

アメリカのペンシルバニア州立大学で行われた研究では、30日間の追跡調査の結果、心配した項目の92%が実際には発生しなかったことが示されました。

残りの8%についても、たまたま発生する可能性があるものの、それに集中して心配するよりも、あるがままに楽観的な気持ちで過ごすことが良いとされています。

起こり得ることは起こった時に考えれば良いし、今の状況は過去の行動の結果だと受け入れることで気が楽になります。

つまり、未来の心配よりも現在の状況を受け入れ、楽観的な気持ちで生活することが大切です。

Let it be ですよ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク